山梨県南巨摩郡の川口測量設計では、測量業務や土木設計、開発、点検調査を一貫した作業として位置づけ、鋭意努力しております。

  • 0556-22-5581
  • お問い合わせ

機能診断・点検調査(補助業務)

将来の危険を見逃さず、
安全で効果的な構造物の維持管理に貢献します。

点検調査

橋梁やトンネルなどの土木公共施設を対象とした点検調査は、現状(損傷度合等)を把握し、重大事故につながる損傷を早期に発見して適切な措置をとることで、安全かつ円滑な交通を確保することです。近接目視点検や打音調査などにより施設の損傷をいち早く発見し、適切な診断・補修を行います。

発見された損傷によっては詳細調査(テストピースの採取、はつり調査、非破壊試験等)を実施し劣化要因を特定することも必要になります。経験豊富な診断員が施設の健全度を評価します。土木インフラの膨大なストックの状態を把握し、長寿命化(ライフサイクルコストの削減)の実現を目指すと共に、利用者の安全や安心を確保する企業として社会貢献をいたします。

当社では、点検作業に加え、高所作業車の運転免許を持ったものが、特殊車両の運転も対応させていただきます。

水路機能診断Waterway function inspection

基幹的な農業水利施設の多くは、近年老朽化が急速に進行し、耐用年数を超過した施設は年々増加しており、突発事故も増加傾向になっています。
一方で、厳しい財政状況を踏まえ、適切な長寿命化対策を講じて、既設ストックの有効活用を図ることが求められています。

当社では、地域特性や使用環境に応じた様々な機能診断を提案し、施設のライフサイクルコストの低減と地域のニーズに沿った保全管理を考慮して最適な保全計画を提案します。

水路機能診断
水路機能診断

橋梁点検Bridge inspection

橋梁の点検は、道路維持管理業務とは異なり、橋梁が損傷を受けた際に及ぼす交通・安全面への影響の大きさから、損傷の早期発見・経過観察、効率的な維持管理を目的に実施します。
まず第一に、管理する橋梁の現状を把握し、橋梁の安全な交通を確保するために損傷を早期に発見し、適切な処置をおこなうことです。
第二の目的は、効率的な維持管理や、今後の修繕計画を立てるための基礎情報の蓄積をすることがあげられます。
これらの目的とともに、蓄積された点検結果を社会で共有することにより、維持管理・構造上の問題点・改善点を洗い出し、より耐久性・維持管理に優れた橋梁建設の貴重な資料・データの蓄積をおこなうことを目的としています。

宅地造成
宅地造成

トンネル点検Tunnel inspection

道路トンネルについては新たに「つくる」時代から長寿命化対策を本格的に展開する「長くつかう」時代となっています。各自治体でも道路トンネルを計画的に点検し、損傷が小さいうちに小規模な補修を行って、効率・効果的な維持管理と道路トンネルの長寿命化を進めています。私たちはこれにもとづく初期点検から定期点検、また、詳細調査の現場作業からデータの取りまとめまで一貫してご対応しております。

トンネル点検
トンネル点検

歩道橋点検Pedestrian bridge inspection

老朽化した部材の落下、転倒などによる第三者被害の防止および、維持保全の観点から安全第一で点検を実施します。

歩道橋点検
歩道橋点検

砂防施設点検Erosion control facility inspection

土石流、がけ崩れ、地すべりなどの土砂災害を防ぐ砂防施設は、安全・安心な社会を維持していく上で重要な役割を担っており、その働きを継続して発揮させる必要があります。砂防施設の数は全国で数万基とも言われており、建設後数十年を経過した古い施設も多いことから、砂防施設の長寿命化が求められています。
既存砂防施設の働きを長期にわたり維持・確保するため、定期的な点検、大きな洪水や地震直後の緊急的な点検を行います。

砂防施設点検
砂防施設点検

落石調査Falling rocks inspection

落石などの斜面災害の発生を事前に予測することは、非常に困難と言われております。
しかし、農地および宅地などの安全性を確保するため、斜面に点在する転石や岩塊などの調査を行い、当該地に適した落石対策を実施することで少しでも未然に防げるようにいたします。
私たちの調査では、基本調査の内『精査』を行っております。対策工の選定や設計・施工に必要な情報を得ることを目的として実施される調査で測量・大縮尺の空中写真判読、詳細な地表踏査をはじめ、物理探査やボーリングなどの各種試験、あるいは観測や検知などが行なわれます。

落石調査
落石調査

地下水位調査Groundwater level inspection

地下水位の調査は、道路計画、水路計画を行う上で、必要な調査であるため、定期的に観測調査し、現地に適した構造物計画を提案します。

落石調査
落石調査